ファーウェイ(深セン)はHuawei Analyst Summit 2024で、データ通信製品ラインのSteven Zhaoバイスプレジデントが「Accelerating Network Transformation Towards All Intelligence」と題した講演を行った。Zhao氏は、AI技術を活用しネットワーク機能を向上させる方法を説明。Net5.5G業界の動向と将来についても議論された。

Steven Zhao氏は「AI技術とネットワークの統合が進み、Net5.5Gネットワークを推進する必要がある」と述べた。インテリジェントネットワークのためのAIとAIのためのネットワークの2つの側面を強調し、効率的な運用を支える技術の必要性を指摘した。

ファーウェイはNet MasterやHDネットワークデジタルマップを通じてL4自律型ネットワークへの移行を促進。Net5.5G CloudCampusやConverged WAN、HiSec SASEを通じて、AIを活用した高度なネットワークソリューションを提供し、セキュリティー運用の効率化を実現している。

iFlytekのEthan氏は、ファーウェイのNet5.5G Xingheデータセンターネットワークソリューションを用いた事例を紹介。AIモデルのトレーニング効率が向上し、中断が大幅に削減された。WBBAとCAICTはNet5.5Gの商用化と次世代インターネットアーキテクチャーの研究を進めている。Steven Zhao氏は業界関係者にNet5.5Gの受け入れとAI技術革新の促進を呼び掛けた。

出典:プレスリリース