IDCが最近実施した調査では、世界中のテクノロジー購入者が、生成型人工知能(GenAI)がさまざまなビジネス分野に大きな影響を与えると予想していることが明らかになった。さまざまな地域の参加者を含むこの調査では、テクノロジーの意思決定、財務および運用システム、顧客エンゲージメントが、GenAIが将来の競争上の地位とビジネスモデルに影響を与えると予想される主要な分野であることが強調された。

地域による期待の違いは明らかで、北米の回答者は財務システムと運用システムがGenAIの影響を最も受けると予測している。対照的に、西ヨーロッパの技術バイヤーはITと基幹業務の技術意思決定に最も大きな影響があると予測している。一方、アジア太平洋地域の回答者は、顧客エンゲージメント、エクスペリエンス、サポートがGenAIの影響の主な領域であると予測している。

IDCのリサーチディレクターであるMatt Acaro氏は、GenAIがビジネス機能全体に幅広く適用できること、および多様なデータソースを処理して価値を引き出す能力を強調した。この能力はGenAIの「スーパーパワー」と見なされており、さまざまなビジネスプロセスや顧客プロセスへの統合を可能にする。GenAIへの理解が深まるにつれて、組織はGenAIの導入を新しい分野に拡大することが期待される。

この調査では、GenAIが顧客獲得と販売、製品の設計と開発、データに基づく意思決定、人材と人員配置に及ぼす潜在的な影響も検討された。ただし、これらの分野はGenAIの影響をあまり受けないと考えられた。調査結果は、622社の業界回答者を対象とした「 Future Enterprise Resiliency and Spending Survey」のデータを基にしたIDCのSurvey Spotlightで詳しく説明されている。

出典:プレスリリース