ImmunoPrecise Antibodies Ltd.は、子会社のBioStrandとPGxAIが協力し、BioStrandのAIモデルLENSaiを使用して薬理遺伝学の分野を強化することを発表しました。このパートナーシップは、LENSaiのAPIの機能と範囲を拡大することで、個別化医療の精度を向上させることを目的としています。この取り組みは、革新的な技術を通じてヘルスケアを強化するという共通の目標に沿って、ユーザーに薬理遺伝学分析用の高度なツールを提供することを目指しています。

IPA の社長兼 CEO であるジェニファー・バス博士は、薬理ゲノム学の複雑さに対処する上で PGxAI との連携が重要であると強調しました。彼女は、遺伝子データを分析し、薬剤に対する個人の反応を予測するための高度な方法の必要性を強調しました。LENSai は、現在の薬剤と将来の薬剤の両方に対する患者固有の反応を予測するために適応できる AI モデルの開発において、新しいアプローチを提供する準備ができています。

PGxAI の CEO である Mike Zack 氏は、バイオストランドとの提携に熱意を示し、薬理遺伝学のための革新的な AI モデルの開発を目指しています。この提携により、効果的で安全な治療法の予測が向上し、医療の個別化に向けた大きな一歩となることが期待されています。PGxAI の取締役会長である Allan Gobbs 氏も、ヘルスケアにおける薬理遺伝学の臨床的価値が高まっていることを指摘し、同社のモデルが薬理遺伝学の推奨に前例のない精度をもたらすと期待しています。

IPAの技術責任者でBioStrandの共同創設者でもあるDirk Van Hyfte氏は、PGxAIの取り組みをサポートするためにLENSaiを導入することへの期待を伝えました。このコラボレーションは、AIを活用して広範なゲノムデータを分析し、個々の遺伝子プロファイルに合わせた治療法の正確なカスタマイズを可能にすることで、合理的な医薬品設計を推進することを目指しています。この戦略は、治療の有効性と安全性を高めると同時に、医薬品開発プロセスを合理化すると期待されており、パーソナライズ医療の大きな飛躍を表しています。

出典:プレスリリース