大手エンタープライズ クラウド データ管理会社であるInformatica は、企業全体で生成 AI テクノロジーを統合し、データ インサイトへの安全で即時のアクセスを保証することを目的とした新しい製品機能強化を発表しました。これらの機能強化は、現在ラスベガスで開催中のInformatica World イベントで発表されました。同社は、データ管理のあらゆる側面に生成 AI を組み込み、ユーザーが信頼性の高いデータ基盤に基づいて生成 AI アプリケーションを作成および実装できるようにすることに重点を置いています。

同社の CEO であるアミット・ワリア氏は、InformaticaがAI プラットフォームと製品の中核を成す CLAIRE ソリューションで市場の軌道を予測した先見性を強調しました。クラウド サービスに生成 AI を組み込むことで、Informaticaは新たな業界ベンチマークを設定し、顧客に数秒で実用的な洞察を提供することを目指しています。武田薬品工業の最高データ責任者であるバーバラ・ラトゥリッペ氏も、信頼できるデータと信頼性の高い AI を統合して、データへのアクセス性と組織の効率性を高めることの重要性を強調しました。

Informatica は、Intelligent Data Management Cloud (IDMC) のすべてのレイヤーに統合される次世代の CLAIRE も発表しました。このイノベーションは、組織のメタデータ システムを活用してユーザーが自然言語インターフェイスを通じてデータを操作できるようにすることで、データ管理を簡素化および高速化することを目指しています。強化された CLAIRE GPT 機能には、ビジネス ユーザー向けのマルチステップ推論やセルフサービス オプションなどの機能が含まれており、 SQL の知識が不要になります。

SSM Health の Katie Germano 氏は、CLAIRE GPT を臨床チームが戦略的に使用して IT のサポートなしで情報にアクセスし、医療システム内のプロセスを合理化できると述べています。ビジネス プロセスとデータ パイプラインにおける生成 AI に対するインフォマティカのアプローチには、ローコード/ノーコードインターフェイスが含まれており、データ アクセスを変革して迅速に洞察を提供します。同社の IDMC に組み込まれたデータ管理機能により、ユーザーはノーコードでエンタープライズ対応の生成 AI アプリケーションを作成したり、既存のツールを生成 AI 機能で迅速かつ効率的に強化したりできます。

出典:プレスリリース