Instabaseは、企業や政府機関の知識検索を強化するために設計された新しいソリューションであるAI Hub Chatbotsのリリースを発表した。このチャットボットは、非常に安全な環境で動作し、スキャンされたドキュメントや手書きのメモなど、さまざまな非構造化データを処理できるように設計されている。財務分析などの複雑な複数ステップのタスクを処理できるエージェントフレームワークを備えており、ユーザーはソース参照を使用して回答を検証できる。

同社は、既存のチャットボット技術では高度な知識アクセスシナリオのニーズを満たすことができないという市場のギャップを認識した。InstabaseのAI Hubチャットボットは、エアギャップオンプレミス セットアップを含むさまざまな環境に導入できるという点で際立っている。あらゆる形式の非構造化データを理解してデジタル化し、検証用の詳細な参照を提供し、複数のステップのプロセスを通じて複雑なクエリーを処理する機能を備えている。

InstabaseのCEOであるAnant Bhardwaj氏は、チームがナレッジベースに合わせてチャットボットをすばやく構成し、安全に共有できるようにすることが重要であると強調した。このイノベーションは、情報へのアクセスを合理化し、顧客満足度と運用効率を向上させることを目的としている。チャットボットは現在、商用とコミュニティーの両方で使用でき、今後のアップデートでは、顧客エンゲージメントのさらなる汎用性のためにAPI統合が導入される予定だ。

出典:プレスリリース