カトルセ(東京都中央区)は、「デジタル化・DX推進展|ODEX」に出展すると発表した。同社のブースでは、顧客満足度98.8%を誇るChatGPT研修サービス「ネクストAI」を紹介する。来場者には、AI技術の理解を深める機会を提供する。

「ネクストAI」は、全社員がChatGPTを活用した共創業務を目指せる研修サービスだ。研修内容には、ChatGPTの使い方や精度向上、企業活用事例、AI活用法などが含まれる。また、独自のフレームワークを用いて、ChatGPTを実用的に120%活かす方法を伝授する。

サービスは3つのプランがあり、「基礎研修」ではChatGPTの基本的な使い方から企業導入に必要な知識を学べる。「選択型実践研修」では、無料版やAPI版のChatGPTを実践的に使う方法を、「コンサルティング」では開発や導入支援を提供する。

スミセイ情報システムは、ベーシック講座とプレミアム講座を500名以上が受講。ChatGPTを用いた業務改善案が100個以上提案され、開発以外での活用アイデアも生まれているという。カトルセの提供する研修サービスが、企業のデジタル化推進に貢献している様子が伺える。

出典:プレスリリース