Jasperは、優れた背景除去機能を提供することで画像編集を強化する新しいAIモデルを発表した。このモデルは、驚異的なスピードと複雑なシナリオの優れた処理を誇る。このモデルは、Figmaの年次Configコンファレンスで紹介されたFigmaの背景除去ツールを強化するために選ばれた。この統合は、デザインプロセスを合理化し、クリエーティブで戦略的なタスクにさらに集中できるようにすることを目的としている。

Figmaの最高製品責任者であるYuhki Yamashita氏は、新しいAI機能によって背景の削除などの日常的なタスクが自動化されるため、デザイナーの効率が向上することを強調した。この開発により、Figmaプラットフォーム内でデザイナーのワークフローが維持され、さまざまなツールを切り替える必要性が軽減されると期待されている。PentagramのJody Hudson-Powell氏も、これまで画像の背景編集にあまり効率的でない方法に頼っていたデザイナーにとって、この統合によって容易さがもたらされるとコメントした。

このコラボレーションの発表は、画像処理を大幅に高速化すると同時に計算コストを削減し、画質を向上させる手法であるFlash DiffusionをJasperが発表した直後に行われた。JasperのCEOであるTimothy Young氏は、AI研究の推進と、顧客のニーズに効果的に対応するための堅牢なマルチモーダルソリューションの提供に対する同社の取り組みを表明した。

Jasperの洗練されたAIモデルは、同社のエンタープライズマーケティング プラットフォームの一部であるだけでなく、Jasper Developer API経由でも利用可能であり、同社の最先端技術への幅広いアクセスを提供している。このFigmaとのパートナーシップは、Jasperのイノベーションへの取り組みと、世界規模での画像編集ソリューションへの影響力の証だ。

出典:プレスリリース