JBCC(東京都中央区)は、Microsoft 365上で生成AI「Copilot for Microsoft 365」を活用する「Copilot for Microsoft 365向けPoC支援サービス」を開始すると発表した。このサービスは、入門編と応用編を無償で提供し、企業が生成AIを業務に取り入れる支援を行う。

生成AIの業務利用には、使い方の不明瞭さやセキュリティーの懸念などの課題があるが、一部企業では既に導入が進んでいる。JBCCは、これらの課題を解決し、企業間の格差を埋めるための支援を行う。

「Copilot for Microsoft 365向けPoC支援サービス」では、Microsoft SharePointやTeamsのデータを活用したチャットボット作成や、在庫管理システムとの連携など、実際の業務データを用いたPoCを提供する。これにより、生成AIの利便性を体感し、回答精度を高める活用術を体験できる。

JBCCは、Microsoft 365の安全なデータ蓄積と活用を目指し、バックアップやアクセス権限監視サービスを提供している。日本マイクロソフト(滝本啓介氏)も、この新サービスの提供開始を歓迎し、顧客の生産性向上と業務効率改善に貢献するとしている。

出典:プレスリリース