ショーケース(東京都港区)は、ジェーシービー(東京都港区)と共同で、AIチャットボット「おもてなしSuite CX」に生成AIを活用した新機能のPoCを実施。これにより、ジェーシービーの社内業務効率化を図る。

ジェーシービーは2024年1月に「おもてなしSuite CX」を導入。社内問い合わせの迅速化と工数削減を目的としている。ショーケースは「ショーケースLLM Labs」を設立し、生成AIの研究開発を進めている。

今回の取り組みでは、ジェーシービーの蓄積データを用い、生成AIでQAを自動生成。社内ナレッジを迅速かつ分かりやすく提供することを目指す。これにより、属人化の解消と情報整理の簡略化をサービス開発に反映させる。

「おもてなしSuite CX」は、学習機能付きAIチャットボットサービス。ユーザーの疑問に対し、自動で最適解を提供する。ショーケースは、このサービスを通じてコミュニケーションの不便を解消していく。

出典:プレスリリース