カディンチェ(東京都渋谷区)は、これまで「XR Engineering Firm」として活動してきたが、AI技術を統合し「XR & AI Engineering Firm」として新たなステップへ。不動産や観光、教育、エンターテインメントなど多岐にわたる分野でのXR技術の応用を展開している。

同社は、360度動画ビューワーの開発を皮切りに、画像処理技術に特化したメンバーを中心に、没入型コンテンツの制作に注力。また、ディープラーニングの進展と共にAI技術への取り組みも強化してきた。

第4次AIブームを迎え、カディンチェはLLMや生成・プロダクション系AI技術にも積極的に挑戦。リアルタイムでのAIアバター生成や自然言語対話システムの開発など、先端技術の統合による新しいソリューションを提供している。

生成AIの進化により、プログラムのソースコード生成が自然言語で可能になり、ソフトウェア開発の変革期を迎えている。カディンチェは、AIと人間の協働による価値創造を目指し、その分野でのリーダーシップを発揮し続ける意向だ。

出典:プレスリリース