MagicSchool AIは、Bain Capital Venturesの指揮の下、シリーズA資金調達で1,500万ドルの巨額を確保した。この投資ラウンドには、Adobe Ventures、Common Sense Media、Replit、Clever、OutSchoolの技術系創業者を含む複数のエンジェル投資家も参加した。この資金流入は、AI教育プラットフォームの機能を拡張し、教師と生徒の両方のニーズに応えるために充てられる。

同社は、教師の燃え尽き症候群や、生徒がAI技術に精通する必要性など、教育分野の重要な問題に取り組んでいる。MagicSchool AIのプラットフォームは、教師の作業負荷を軽減すると同時に、AIが支配する未来に必要なスキルを生徒に身につけさせるように設計されている。Bain Capital VenturesのChristina Melas-Kyriazi氏は、MagicSchool AIがAIを通じて教育に大きな影響を与えていると称賛し、生徒の学習体験をパーソナライズする可能性を強調した。

MagicSchool AIは、自然言語処理によって50を超えるさまざまなタスクを効率化するMagicSchool for Teachersなど、教育者向けにカスタマイズされたソリューションを提供している。このイノベーションにより、教師の時間と労力が節約され、管理タスクではなく教育に集中できるようになる。さらに、MagicSchool for StudentsはAIリテラシーを育成するために導入され、教師がタスクの可視性を制御できるようにしながら、AIを活用したさまざまな教育タスクを提供している。

MagicSchool AIは設立以来、急速な成長を遂げ、200万人を超える教育者がプラットフォームに参加し、何千もの学校や学区と提携している。同社の創設者であるAdeel Khan氏は、教育におけるAIの変革の可能性を強調し、教師の燃え尽き症候群を軽減し、学生をAI中心の労働力に備えさせることを目指している。MagicSchool AIは、新たな資金により、サービスをさらに開発し、従業員を増やし、パーソナライズされた指導と教育ツールを強化し続けることを計画している。

出典:プレスリリース