McLean & Companyは、組織が人工知能(AI)を導入し安全に活用できるよう導く上で人事部門が果たす役割の重要性を強調している。同社の最新の調査によると、多くの企業が適切な戦略計画なしにAI技術を急いで統合しており、AI戦略とガバナンスの確立を見落としていることが多いようだ。同社の新しいガイドは、人事部門と組織のリーダーが責任あるAIの指針を策定し、AI導入の成功とリスク軽減を確実にするのを支援することを目的としている。

同社は、責任あるAIを、個人、組織、社会への潜在的な害を最小限に抑えるように設計されたAIシステムの倫理的な作成と展開と定義している。McLean & Companyのガイドでは、包括的なAI戦略に不可欠なこれらの指針を作成するための3段階のプロセスが紹介されている。同社のプリンシパルディレクターであるLisa Highfield氏は、組織の変化に備え、AIイニシアチブの成功を確保する上で人事部門が果たす極めて重要な役割を強調している。

このガイドでは、AIが組織のさまざまな側面に及ぼす変革的な影響について概説し、異なる視点と優先順位による内部対立の可能性を認めている。McLean & Companyは、組織とHRのリーダーが協力して、AIテクノロジーの管理と成功を大幅に強化できる一貫した指針を確立することを提唱している。3段階のプロセスには、AIガバナンス委員会の設立、カスタマイズされた指針の起草、組織内でのこれらの指針の積極的な維持と強化が含まれる。

McLean & Companyは、責任あるAI指針は、時間の経過とともに変化する可能性のある業界固有の要因と規制要因を考慮して、各組織に合わせて調整する必要があることをアドバイスしている。同社は、AIガバナンスを継続的にレビューするために、HRを含む部門横断的なチームを編成することを推奨している。責任あるAI指針の策定に関する同社の完全なリソースは、無料のウェビナーのスケジュールや、メディアがアナリストとつながり、さらに洞察を得る機会とともにオンラインで入手できる。

出典:プレスリリース