MGID は、Memorable と提携して、広告クリエイティブの予測分析を強化することを目的とした新しい事前キャンペーン評価ツールを発表しました。Memorable の AI テクノロジーを活用したパフォーマンス予測機能により、広告主はキャンペーンの潜在的な影響を実際に運用する前に測定できます。この革新的なソリューションは、さまざまな要因に基づいてさまざまな広告クリエイティブの成功の可能性に関する詳細な洞察を提供することで、ブランドが広告費を最適化できるように設計されています。

広告プラットフォームの最新の提供により、ブランドは高度な予測機能を使用して、より効率的な広告分析が可能になります。広告主は、コピーや見出しの変更が広告のパフォーマンスにどのように影響するかを予測する機能の恩恵を受けることができます。このツールは、クリエイティブ要素、オーディエンスの人口統計、デバイスの種類など、多数のパラメーターを分析し、最高のパフォーマンスを発揮するクリエイティブの広告効果を 90% 以上の精度で予測します。

クライアントの広告戦略を強化するという MGID の取り組みは、この新しい機能によってさらに実証されています。 MGID の製品担当副社長である Oleksii Borysov 氏は、広告制作プロセス全体を通じて効率性を維持する上で、スケーラブルでインテリジェントなテストが重要であると強調しました。Memorable とのコラボレーションにより、広告主はオーディエンスに届く前に効果的な広告と効果のない広告を区別できる製品が生まれました。

Memorable の創設者兼 CEO である Sebastian Acevedo 氏は、クリエイティブ効果の未来を形作るパートナーシップの役割に熱意を示しました。AI 駆動の予測分析を MGID のプラットフォームに統合することで、広告クリエイティブの潜在能力を最大限に引き出し、MGID のグローバルな顧客ベース全体でキャンペーンを成功させる基盤が整います。この戦略的提携は、マーケティング活動を改善したい広告主に高い価値をもたらすでしょう。

出典:プレスリリース