バージニア州タイソンズコーナー – MicroStrategy Incorporatedは、MicroStrategy ONEプラットフォームの重要なアップデートを発表した。このアップデートでは、企業がAI主導の洞察をあらゆるアプリケーションに直接シームレスに統合できる機能が導入されている。この機能強化は既存のHyperIntelligence機能に基づいており、コーディングやシステム統合を必要とせずに、ユーザーに即時のコンテキストデータを提供する。

MicroStrategy ONEの新機能は、企業が直面する、最前線の従業員がデータにアクセスし、活用できるようにするという課題に対処するために設計されている。大多数のマネージャーや幹部が常にデータに基づいて意思決定を行っているわけではないため、このイノベーションはプロセスを簡素化し、組織全体で迅速かつ正確なデータ主導の意思決定を可能にすることを目的としている。

MicroStrategy ONEは、Autoと呼ばれる生成AIテクノロジーをHyperIntelligence機能に組み込み、あらゆるアプリケーションにオーバーレイできるノーコードのソリューションを提供する。これにより、ユーザーは自然言語でデータと対話してクエリーを実行し、プラットフォームの信頼できるビジネスインテリジェンス データから即座に応答を得ることができる。このアップデートは、営業担当者、医療スタッフ、コールセンター エージェントなど、さまざまな専門家の日常のワークフローに重要な情報を統合することで、効率性を高めるように調整されている。

世界的な政府系投資会社であるMubadala Investment Companyの代表者は、情報へのシームレスなアクセスを提供する能力と、ユーザーのデータとのやり取りを変革する可能性を秘めた更新されたプラットフォームを称賛した。MicroStrategyのデータ駆動型ビジネス環境を実現する取り組みは、同社のエグゼクティブバイス プレジデント兼最高製品責任者によってさらに強調され、従業員がデータをさらに深く掘り下げて追加の洞察を得るのが簡単になったことを強調した。

出典:プレスリリース