Celonis(ドイツミュンヘンおよび米国 ニューヨーク)とNEC(東京都港区)は、生成AI「cotomi」とプロセスインテリジェンスプラットフォームを組み合わせたサービスの実証を開始。これは日本企業として初の試みであり、戦略的パートナーシップの一環としている。

NECは昨年よりCelonisの技術を用いた機能検証を進めてきました。生成AI「cotomi」を用いることで、専門知識がない社員も自然言語を使ってリアルタイムで業務分析が可能に。受注管理の遅延や手戻りの改善が確認されている。

今回の実証実験では、cotomiとCelonisの技術を連携させ、専門知識がないユーザーでも自然言語の会話を通じて業務プロセスを短時間で可視化・分析できる方法を検証。これにより、業務改革への貢献が期待される。

今後、CelonisとNECはパートナーシップを強化し、お客様の業務プロセス分析や変革を支援していく方針だ。NECの吉崎敏文副社長は「Celonisの技術とcotomiの連携により、業務改革を加速できる」とコメントしている。

出典:プレスリリース