NetApp は、複雑なハイブリッド マルチクラウド環境内で GenAI やVMwareである Pravjit Tiwana 氏は、顧客がこれらのワークロードの厳しいインフラストラクチャ要件を管理できるようにするために、インテリジェントなデータ インフラストラクチャが必要であることを強調しました。NetApp のソリューションは、統合データ ストレージ、統合データ サービス、自動化されたクラウド操作を提供し、さまざまなプラットフォーム間でのデータ管理を簡素化します。

新機能の 1 つに、クラウド リソースの計画、プロビジョニング、管理を自動化するNetApp BlueXP Workload Factory for AWS があります。このサービスは、戦略的なワークロードの導入を効率化することを目的としており、ユーザーはインフラストラクチャ要件のプロファイル作成、リソース オプションの比較、コストとパフォーマンスの観点で環境の最適化を行うことができます。さらに、 NetApp GenAI Toolkit for Microsoft Azure NetApp Files が導入され、プライベート企業データを GenAI プロジェクトに安全に統合できるようになりました。

NetApp はAmazon Web Services と連携して、 Amazon FSx for NetApp ONTAP を使用したAmazon Bedrock のリファレンス アーキテクチャもリリースしました。このガイドは、 Amazon FSx for NetApp ONTAP に保存されている独自のデータを活用して、RAG 対応ワークフローを実装するお客様を支援します。さらに、AWS はAmazon FSx for NetApp ONTAP の機能強化を発表し、GenAI などの高性能ワークロードのスケーラビリティと柔軟性を向上させています。

NetApp は、BlueXP ディザスタ リカバリ サービスを拡張して VMFS データストアをサポートし、さまざまな環境にわたるVMwareワークロードの自動ディザスタ リカバリ プランを容易にします。これらの更新は、BlueXP データ分類機能を含む NetApp の既存のサービスを補完するもので、現在すべてのお客様が追加料金なしで利用できます。この機能は、GenAI および RAG データ パイプラインへのデータのガバナンスと安全な統合に役立ちます。

業界の専門家やソリューション アーキテクトは、GenAI のデータ戦略を最適化し、セキュリティ、コスト効率、イノベーションのバランスをとることの重要性を認識しています。NetApp のインテリジェント データ インフラストラクチャとワークフロー自動化のガイダンスは、プライベート データをパブリック クラウド プロバイダーの LLM に安全に取り込むために不可欠であると考えられています。さらに、NetApp の製品は、組織が仮想化環境の経済的課題に対処し、 VMwareワークロードのリソース割り当てとパフォーマンスを最適化するのに役立ちます。

出典:プレスリリース