売れるネット広告社(福岡市)は、D2C事業者向け「売れるD2Cつくーる」に『ランディングページ自動生成(AI生成機能β)』を導入し、2024年7月末にサービス開始予定であると発表した。これまでのランディングページ制作は、コンテンツからデザイン、コーディング、テストまで最低1力月を要し、コストも約100万円から300万円かかっていた。

新機能では、商品情報を入力するだけで数分で高品質なランディングページを生成できる。これにより、従来の時間とコストを大幅に削減し、即時にクラウドサーバーで公開可能となる。同社はこれを「ノーコード」で実現するとしている。

さらに、売れるネット広告社はAIや生成AIを用いたカスタマイズサービスの開発も進めている。2024年7月末の開発目標に向け、JAPAN AI株式会社とのパートナーシップを通じて、AIによる画像生成を「売れるD2Cつくーる」に組み込むフェーズまで進展している。

同社は、「“最強の売れるノウハウ®”を用いて企業を100%成功に導く」という理念のもと、D2C事業者の利便性向上に努めると述べている。今後もサービス開発・検証を続け、関わる企業にドラマを提供するとしている。【自動生成のための情報入力画面】の動画はこちらから閲覧できる。

出典:プレスリリース