オルツ(東京都港区)は、フランスに本社を置くGladiaとの技術連携を開始したと発表した。セコイヤキャピタルとNew Waveからの出資を受け、次世代オーディオLLM機能を持つGladiaとの協力を進める。

Gladiaは、音声認識とオーディオインテリジェンスAPIの分野でアメリカでも注目されている企業だ。オルツは、この提携を通じて、自社のP.A.I.テクノロジーや「AI GIJIROKU」プロダクトの機能強化を図る。

さらに、オルツとGladiaは基礎研究からプロダクト開発まで幅広く協力し、グローバルマーケティング戦略を強化する。これにより、北米、欧州、日本市場での顧客基盤を拡大する計画だ。

今回の提携により、オルツとGladiaは技術と販売ネットワークを共有し、新たなAI活用の可能性を追求する。人類の労働生産性向上に貢献することを目指している。

ソース:News_alt