NICE Actimize は、金融サービス企業の不正検出の精度、俊敏性、効率性を高めるために設計された AI 駆動型不正管理プラットフォームの最新版である IFM 11 を発表しました。このプラットフォームは、人工知能の進歩と同社の集合知機能を統合し、ますます高度化する AI 駆動型不正や詐欺行為から保護することを目指しています。

このプラットフォームは、検出と戦略から調査と運用、インテリジェントなデータ オーケストレーションまで、詐欺防止のあらゆる側面に AI を組み込んだ初のプラットフォームとして宣伝されています。包括的なエンティティ リスク プロファイルを作成し、ネットワーク分析と生成AIを組み込むことで、組織が詐欺を防止し、マネー ミュールを阻止できるように設計されています。

同社は、業界全体の不正データでトレーニングされた AI モデルを通じて即時の保護を提供するプラットフォームの能力を強調しています。また、業界のトレンドや新たなリスク シグナルからの洞察を活用して金融機関が新しい不正の脅威に先手を打つことを可能にする、高度な接続分析機能も誇っています。

さらに、IFM 11 プラットフォームには、さまざまなシステムとデータ ソースをシームレスに統合するインテリジェント オーケストレーション エンジン、詐欺のターゲットを早期に特定する顧客脆弱性インサイト、隠れたつながりや詐欺グループを明らかにするネットワーク分析が含まれています。また、調査と請求管理プロセスを合理化する生成AIも搭載されており、運用チームはリスク評価に集中し、疑わしい活動報告書 (SAR) の提出を迅速化できます。

出典:プレスリリース