ナイル(東京)は、Webマーケティング支援の豊富な実績を活かし、生成AIを用いた「マーケティング特化型プラン」の提供を開始した。同社は自社メディア運用に生成AIを導入し、ウェブ記事のリライトや新規記事作成、アンケート設計の自動化などで大幅な工数削減を実現。外注費用も年間約1500万円削減している。

このプランにより、マーケティング業務のリソース不足の改善や、永続的な業務フロー設計、サービス成長に合わせたソリューション提供、パーソナライズされたマーケティング施策の実行が期待できる。ナイルは、生成AIを活用した業務改善と事業成長を目指す「生成AIコンサルティング」サービスも提供している。

同サービスでは、生成AIによる業務の洗い出しから、オペレーションに合わせた業務設計、売上向上やコスト削減効果のレポート提供までを行う。アプリケーション開発や業務内容の整理、リソースの担保など、開発に必要なコンサルティング基本契約も含まれている。サービスに関する詳細やお問い合わせは、ナイルのウェブサイトで可能だ。

出典:プレスリリース