ノースカロライナ州コミュニティカレッジ委員会は、学生に急成長中の分野でのスキルを身につけさせることを目的とした一連の新しいプログラムを承認しました。4月19日の会議で行われた委員会の決定には、電気自動車供給機器技術者、リチウムイオン電池製造、人工知能および無人航空機システム(UAS)運用のプログラムに関する認定が含まれています。

州委員会のトム・ルーニー委員長は、教育プログラムを市場のニーズに合わせ、学生が需要の高い職業に備えられるようにするという委員会の取り組みを強調しました。コストが高く成長率の高い分野に投資する戦略は、雇用主の要件を満たし、学生に有望な職業への道筋を提供することを目的としています。

ウェイク・テクニカル・コミュニティカレッジは、電気自動車の充電インフラに焦点を当てた認定プログラムを提供する予定であり、セントラル・ピードモント・コミュニティカレッジは、州で2番目の機関として人工知能の準学士号を導入する予定です。ギルフォード テクニカル コミュニティ カレッジはリチウムイオン電池の製造に関する知見を提供し、ビューフォート カウンティ コミュニティ カレッジは飛行訓練と運用管理を含む UAS 運用に関する 2 つのプログラムを開始します。

州委員会によるこれらの教育イニシアチブの承認は、経済発展を推進する能力のある労働力を育成するための協調的な取り組みを反映しています。現在ノースカロライナ州の 58 校すべてのコミュニティ カレッジで利用できるこれらのプログラムは、学生がダイナミックな雇用環境に十分に備えられるようにするための業界パートナーとの共同作業の一環です。

出典:プレスリリース