コンタクト センター向けの会話インテリジェンス ソリューションを提供する Observe.AI は、最近、著名な市場調査会社による 2024 年Q2のリアルタイム収益実行プラットフォームの評価で「強力なパフォーマー」として認められました。さまざまなプロバイダーの機能を精査するこの評価では、マーケティング活動と通話関連のアクティビティの最適化を通じてトランザクション収益を向上させるソリューションにスポットライトが当てられています。

調査会社による評価では、Observe.AI を 31 の基準で評価し、このプラットフォームはいくつかの主要分野で最高得点を獲得しました。これらの分野には、システム構成におけるプライバシーの考慮、オムニチャネル インタラクションのキャプチャ、通話後のレポートにおける静的および動的分析情報の両方が含まれます。このプラットフォームのリアルタイムの通話中ガイダンスも最高点を獲得し、特に強化を求めている販売機能を持つカスタマー サービス コール センターでの有効性を示しました。

調査会社のレポートではさらに、Observe.AI が顧客の採用と価値の提供に重点を置いていることが認められ、高い顧客維持率と成長率を指摘しています。顧客は Observe.AI を単なるツールとしてではなく、成功に尽力する協力的なパートナーとして見ていると報告されています。顧客とのパートナーシップとROIを重視する姿勢は、プラットフォームの実装と継続的なサポートに対するアプローチの証です。

Observe.AI のテクノロジーの中核は、コンタクト センター アプリケーション向けに設計された特殊な大規模言語モデル (LLM) です。400 億のパラメータを誇るこのモデルは、30 億のインタラクションの広範なデータセットでトレーニングされています。このトレーニングにより、プラットフォームは一般的なモデルよりも 35% 高い精度で AI ベースのタスクを実行できるようになり、コンタクト センター環境に合わせた機能を発揮します。顧客とのインタラクションから得られた洞察は、即時の分析に役立つだけでなく、他のシステムでも活用して業務を効率化できます。

出典:プレスリリース