Omdiaの最近の予測によると、生成AI (GenAI)ソフトウェア市場は大幅な成長が見込まれており、収益は2023年から53%の複合年間成長率(CAGR)で急増し、2028年までに驚異的な580億ドルに達すると予想されている。2024年だけでもGenAIソフトウェアの収益は124%増加すると予測されており、当初の100%増加の予測を上回る。

収益の急増は、さまざまなベンダーによる大規模言語モデルの広範な採用によるもので、2024年には3桁の成長が見込まれている。サービスとしてのソフトウェア(SaaS)プロバイダーは、新しいGenAI機能を統合してサービスを強化しており、多くの場合、それらをより上位のサブスクリプションプランに組み込んでいる。GitHub CoPilotなどのツールは、ユーザーの間で特に人気を集めている。

企業は2024年にGenAIテクノロジーに投資することに熱心であるだけでなく、2025年には予算を拡大する計画も立てている。この熱意は、GenAIの機能を探求し、競争力を維持したいという願望から生まれている。しかし、Omdiaの調査によると、多くの企業がGenAIが期待を満たしていると報告している一方で、期待に応えられなかった例もあり、成熟と過剰投資の両方により市場の成長が鈍化する可能性があることが分かった。

Omdiaの主席予測者、ニール・デュネイ氏は、GenAIに対する現在の熱狂を強調する一方で、将来的に幻滅する可能性についても警告している。GenAIの用途は多岐にわたり、自動コード開発から仮想アシスタント、コンピューター支援アートやメディア制作などのクリエーティブな取り組みまで多岐にわたる。一方、従来の予測AIソフトウェアはより成熟した市場段階に入りつつあり、2028年までに1,360億ドルの収益が見込まれ、年平均成長率14%で成長している。Omdiaの包括的な市場予測は2年に1回更新され、さまざまなAIテクノロジーと使用例にわたる収益予測に関する洞察を提供する。

出典:プレスリリース