OscilarはフロリダのACAMSサミットでAI搭載AMLリスクプラットフォームを発表し、マネー ロンダリング対策における大きな前進を示しました。このプラットフォームは、リアルタイムの監視、詳細なレポート、堅牢なバックテストおよび検証ツールを提供して、スポンサー銀行、フィンテック、金融機関を支援し、マネーロンダリング対策を強化するように設計されている。

同社のプラットフォームは、マネーロンダリング活動が世界のGDPの2~5%を占めると推定される中、AMLプログラムの複雑な課題に対処している。Oscilarのソリューションは、フィンテック分野の急速な革新に遅れを取らずに、従来の銀行の厳格なコンプライアンス要件を満たすことを目指している。このプラットフォームは、基本的なAMLルールを高度なAIおよび機械学習モデルと統合し、リアルタイム検出を提供し、銀行とフィンテック企業間の協力を促進する。

Oscilarのプラットフォームには、異常検出モデルや、AML運用を強化するOscilar AIというGen AI AML Co-Pilotなど、さまざまなAIツールが搭載されている。また、このプラットフォームには、ノーコードおよび自然言語によるAMLシナリオのテストと監査機能も備わっており、専門家が規制要件に準拠し、固有のリスクに対処するAML戦略を作成、テスト、監査できる。このプラットフォームは、顧客オンボーディング、取引監視、コンプライアンスレポートのために、既にさまざまな組織で使用されている。

OscilarのAI搭載AMLリスクプラットフォームとその機能の詳細については、同社のウェブサイトをご覧ください。

出典:プレスリリース