Palo Alto Networks(カリフォルニア州サンタクララ)とIBM(ニューヨーク州アーモンク)は、AIを活用したセキュリティーの成果を提供するためのパートナーシップを発表。両社は技術環境の拡大と複雑化に対応し、セキュリティー運用の合理化と脅威の阻止を目指す。

Palo Alto NetworksはIBMのQRadar SaaS資産を買収し、Cortex® XSIAM®への移行を促進。オンプレミス版QRadar利用者にはIBMのサポートを継続。移行サービスを提供し、円滑な移行を支援する。

Palo Alto Networks CEO ニケシュ・アローラは、AIの活用でセキュリティー業界を変革すると述べ、IBMとの協力でセキュリティー・ソリューションを提供。IBM CEO アービンド・クリシュナもパートナーシップのメリットを強調し、セキュリティー投資とイノベーションを加速する意向を示す。

IBM ConsultingはPalo Alto Networksの推奨MSSPとなり、共同セキュリティー・オペレーション・センターを設立。IBMはPalo Alto Networksのセキュリティー・ソリューションをConsulting Advantage上で提供し、専門家のトレーニングを加速。IBMはCortex XSIAMの導入を拡大し、セキュリティー・プラットフォーム化を推進。

出典:プレスリリース