サンフランシスコ、2024 年 6 月 11 日 – Parsable は、Connected Worker® プラットフォームの機能を強化する最新のイノベーションである AI 搭載アナリティクスを発表しました。この新しい機能は、最前線のデータからリアルタイムで実用的な洞察を提供し、迅速かつ情報に基づいた意思決定を可能にすることで、製造業務の管理方法を変革することを目指しています。

Parsable の CEO である Matt Belkin 氏は、この進歩の重要性を強調し、この進歩により、経営陣は業務の比類のない可視性を得ることができ、最前線の従業員はイノベーションを促進し、効率を高めるツールを利用できるようになると述べました。AI を活用した分析機能は、カスタマイズ可能なデータ視覚化を提供するように設計されており、オペレーターは問題に迅速に対処し、コスト効率を向上させることができます。

リリースの注目すべき機能は、生成AIと自然言語クエリを活用して作業者が自分の言語で質問し、即座に回答を受け取ることができる Aladdin です。これにより、専門的な分析知識が不要になり、工場現場のすべての作業員が高度な分析に簡単にアクセスできるようになります。

Parsable による AI 搭載分析の導入は、製造業務の現状を変えることになり、リアルタイムの異常検出、迅速なデータ視覚化、カスタマイズ可能なダッシュボードなど、一連のメリットをもたらします。American Axle & Manufacturing, Inc. の Jake Aprilliano 氏は、直感的なインターフェースを称賛し、データに基づく意思決定とコラボレーションの強化への影響を強調しました。Parsable の取り組みは、最前線の業務をデジタル化するという同社の取り組みの証であり、より自律的で効率的な製造環境への移行を示しています。

出典:プレスリリース