パーソルP&T(東京都江東区)は、コンタクトセンター向けの「デジタルコンタクトセンター構築サービス」を2024年5月27日から開始すると発表した。このサービスは、生成AIを活用したコンサルティングからDX化、DX人材の育成までを一貫してサポートし、顧客のコンタクトセンター運営の生産性向上に貢献する。

コンタクトセンターの現場では、システムの増加やサービスの拡充に伴い、ITリテラシーが求められるようになっている。これにより、オペレーターやスーパーバイザーには高度なスキルが必要とされ、運営面での課題解決が急務となっている。生成AIの活用は、オペレーターの工数を削減し、業務効率化に寄与する可能性がある。

パーソルP&Tは、デジタルツールやAI導入の際のコンサルティング支援を提供する。これにより、生産性を上げるためのポイントを可視化し、スムーズなデジタルコンタクトセンターへの切り替えを促進する。また、Microsoft製品を活用したデジタル環境の構築支援も行い、自動化や分析など幅広い範囲でのデジタル活用を推進する。

さらに、DX人材育成支援を通じて、企業の担当者にDXスキル向上のためのトレーニングや研修を提供する。これにより、システム変更・開発を現場で対応可能にし、サービスの仕様変更時にも迅速な対応を実現する。従業員の働きやすさとES向上にもつながるとしている。

出典:プレスリリース