PicnicHealthは、米国全土で医療記録へのアクセスと解釈を効率化する新しいテクノロジー、PicnicAIを発表した。記録検索の成功率が99%を超えるPicnicAIは、全国の全ての医療現場に接続できる点が際立っており、患者の記録をわずか15分で提供できることがよくある。このイノベーションにより、患者と医療専門家の両方にとって医療データのアクセス性と有用性が大幅に向上する。

サンフランシスコに拠点を置くこの会社の最新の製品は、GPT-4よりも優れたパフォーマンスを誇る独自の大規模言語モデル(LLM)を利用しており、特に医療記録の構造化と理解を伴うタスクで優れている。PicnicAIの高度な機能は、より正確であるだけでなく、より費用対効果が高く効率的でもあり、医療データ分野に新しい基準を打ち立てている。このテクノロジーは、個々の患者ケアとライフサイエンス研究の両方におけるPicnicHealthのアプリケーションの基盤として機能し、より迅速でパーソナライズされた治療オプションを促進する。

PicnicHealthのCTO兼共同創設者であるTroy Astorino氏は、PicnicAIがパーソナライズ医療にもたらす変革的な影響を強調した。10年の開発を経て、このテクノロジーにより、患者が訪れた医療施設の数に関係なく、患者のケアジャーニー全体をシームレスに構築できるようになった。この画期的な進歩により、前例のないスピードと規模で臨床的洞察が提供され、医療における患者記録の管理と利用の方法が一変する。

PicnicAIの堅牢なLLMは、10万を超える医療施設からの3億5,000万を超える注釈を含む広範なデータセットでトレーニングされている。この広範で多様なトレーニングバックグラウンドにより、医療データの解釈に影響を与える可能性のあるバイアスを軽減できる。厳格なパフォーマンス評価では、PicnicAIのLLMはGPT-4やその他の主要な医療LLMを上回り、その優れた効率性と精度を実証した。PicnicHealthは、AI主導の洞察の力を通じて治療法の開発と医療のパーソナライズの両方に革命を起こすことを目指し、PicnicAIの機能の向上に引き続き取り組んでいる。

出典:プレスリリース