PowerPool(本社所在地不明)は、オンチェーンの戦略と操作を自動化するノードの分散型ネットワーク「PowerPool 2.0」を発表。Keepersの稼働を拡大し、AIエージェントの自動化を目指す。開発者とユーザーにとって、AIエージェントがブロックチェーン内でスムーズに機能し、オフチェーンとオンチェーンの活動を統合する。

AI市場は、2022年の400億ドルから10年で1.3兆ドルに成長する見込み。Googleの「Gemini」やOpenAIの「ChatGPT」などのアプリケーション増加が背景に。PowerPoolネットワークは、オフチェーンのトリガー開発を可能にし、AIエージェントがトランザクションを実行する機会を広げる。

PowerPoolは、AIエージェントプロトコルのDePIN層として機能し、AI取引の実行を担当。従来のAI取引は処理速度が遅くコストが高かったが、PowerPoolはAIモデルの意思決定をチェーン下で行い、結果のみをチェーン上に記録することで、取引の効率化とコスト削減を実現。

Web3 AIエージェントは、オンチェーンおよびオフチェーンのデータ分析により、自動化された取引戦略と収益生成を実現。AIによる取引がブロックに追加されることで、意思決定がオンチェーンで実現される。PowerPoolは、AIエージェントプロトコルAPIを通じてトランザクション実行サービスを提供し、プロトコルのオンボードを促進することで、Web3におけるAIエージェントの実用化を目指す。

出典:プレスリリース