Prophecyは、分析やAIアプリケーション用の生データの準備を促進するために設計された最新のイノベーション、Prophecy Data Transformation Copilot for Databricksを発表した。この新しいツールは、生成AIを活用して、Databricksデータインテリジェンス プラットフォーム内のデータパイプラインの開発、展開、監視を効率化する。同社は、このテクノロジーによって、効果的な分析に不可欠な、クリーンで信頼できるタイムリーなデータが確実に提供されることを強調している。

IDCのStewart Bond氏は、データ処理における生成AIの変革の可能性を強調し、このようなテクノロジーによってデータ変換と洞察抽出の新しい方法が促進されると述べた。また、コパイロットによって組織内の幅広いユーザーのデータアクセスが向上し、データと分析が効果的に民主化されると指摘した。

Prophecyによるビジュアルインターフェイス、生成AI、コンパイラテクノロジーの統合は、データ変換プロセスにおける大きな進歩を示している。この統合により、より効率的なアプローチが可能になり、ユーザーはデータ パイプラインの開発、テスト、展開、監視をより簡単かつ正確に行うことができる。ProphecyのCEOであるRaj Bains氏は、単純なツールと強力なクラウドデータ プラットフォームの現在の二分法を批判し、高度なデータプラットフォーム機能を全てのユーザーが利用できるようにするソリューションとしてコパイロットを推奨している。

ProphecyとDatabricksのコラボレーションは、企業の生産性向上とデータ変換の取り組みの強化における役割が高く評価されている。Prophecy Data Transformation CopilotはDatabricksと緊密に統合されており、データパイプラインのライフサイクル全体をサポートし、統一された適切に管理されたエクスペリエンスを保証する。同社は、今後開催されるDatabricks Data+AI Summitまたはブログを通じて、関心のある関係者に詳細をお知らせします。

出典:プレスリリース