Protivitiは、革新的なビジネスソリューションの作成を強化するために設計された社内生成AIアプリケーションProtivitiGPTを発表した。社内ガバナンスとガイドラインの確立に伴い、このツールは現在、社内の全従業員が利用できる。Protivitiは、広範なトレーニングプログラムを通じて従業員のAI機能を強化することに注力しており、顧客エンゲージメントで提供される価値を高め、洞察と情報を結び付けることで業務効率を向上させることを目指している。

ProtivitiのCOO兼グローバルソリューション担当EVPであるCory Gunderson氏は、AI統合について顧客にアドバイスしてきた同社の長年の経験を強調した。生成AIが急速に進歩する中、Protivitiはこのテクノロジーを活用して顧客のニーズに迅速に対応することに重点を置いている。同社が社内で生成AIを採用することで、顧客向けのAI主導型ソリューションの開発が加速する。

ProtivitiのAIの専門知識は最近、価格変動や物流の遅延などの課題がある中で財務および運用プロセスを改善することを目的とした、グローバルメーカー向けのAI-MLソリューションの開発につながった。このソリューションにより、クライアントはモデルを継続的にトレーニングできるようになり、データ管理の改善と、将来の海上輸送コストに関する洞察を提供する予測モデルの作成が可能になった。これにより、クライアントは市場の急速な変化に適応する能力が大幅に向上した。

プロティビティの人工知能担当グローバルリーダーであるクリスティン・リビングストン氏は、AIソリューションに対するクライアントの関心が急増し、採用率が前年比で4倍になったことを指摘した。プロティビティは、機会とリスクのバランスを重視し、AIの導入と管理に対する包括的なアプローチを提唱している。さらに、同社のリスク管理の専門知識は、AIガバナンスの開発に求められており、多国籍のホスピタリティ企業と協力して堅牢なAIガバナンスフレームワークを確立し、組織が自信を持ってAIイニシアチブを追求できるようにしていることからも明らかだ。

出典:プレスリリース