ラスベガスで開催されPure Storage//Accelerateイベントで、同社はデータストレージ プラットフォームの機能強化を発表し、人工知能(AI)の導入とサイバーレジリエンスの向上を強調した。このプラットフォームは、オンプレミス、パブリック クラウド、ホスト設定など、さまざまな環境で組織にシンプルで一貫したストレージエクスペリエンスを提供することを目指している。このプラットフォームのEvergreen® アーキテクチャーは、継続的で中断のないアップグレードを提供するように設計されており、企業は高いレベルの信頼性とパフォーマンスを維持しながら、変化するビジネスニーズに適応できる。

同社の会長兼CEOであるチャールズ・ジャンカルロ氏は、このプラットフォームはAIやサイバーレジリエンスなどの現在のIT課題に対応し、幅広いエンタープライズストレージ要件を満たすように設計されていると述べた。同氏は、このプラットフォームが一貫性があり、回復力があり、保証されたデータストレージサービスを提供できることを強調し、複雑なビジネス環境におけるコスト削減と不確実性の緩和に役立つと述べた。

Pure Storageが発表した新しいイノベーションには、さまざまなデータタイプや場所にわたるストレージを自動化するPure Fusion™ や、自然言語を使用してデータを管理および保護する業界初のストレージ向けAIコパイロットなどがある。さらに同社は、AIアプリケーション向けにカスタマイズされたストレージサービスであるEvergreen//One™ for AIをリリースし、中断することなく柔軟な容量とパフォーマンスのスケーリングを提供する。

Pure StorageはNVIDIAと連携して、大規模なAIトレーニングと推論の統合を簡素化することを目指して、NVIDIA DGX SuperPODの認定取得に取り組んでいる。このパートナーシップにより、Pure Storageのエネルギー効率に優れた設計により大幅な電力節約が実現し、AIワークロード向けの高性能ストレージソリューションが提供される予定ですServiceNowとPaylocityの顧客の声では、Pure Storageのプラットフォームの信頼性と、プロジェクトのタイムラインとイノベーションを加速する能力が称賛されている。

出典:プレスリリース