カタールフリーゾーン庁(QFZ)は、AIファーストのデジタルエンジニアリング企業であるQuantiphiと戦略的提携を結び、カタールのフリーゾーン内にグローバルテクノロジーハブを設立した。この取り組みは、AIと生成AIソリューションに対する高まる需要に対応し、カタールとより広範な地域におけるイノベーションとDXを強化することを目的としている。

この提携はドーハで開催されたGoogle Cloud Summitで正式に締結され、調印式にはQFZのCEOであるシェイク・モハメッド・ビン・ハマド・ビン・ファイサル・アル・サーニ氏とQuantiphiの共同創設者であるリテシュ・パテル氏、両組織およびGoogle Cloudの上級幹部が出席した。この動きは、2023年にドーハでGoogle Cloudリージョンが開設されてから1年後に行われ、カタールが技術革新の拠点となるための道のりにおいて重要な一歩となる。

フリーゾーンにおけるクアンティフィの技術ハブの設立は、AIとデジタルイノベーションの分野におけるリーダーとしてのカタールの地位を強化することが期待されている。このパートナーシップは、AIと生成AIエンタープライズソリューションの開発における協力を促進し、持続可能な知識ベース経済を創出するというカタール国家ビジョン2030の目標に沿って、テクノロジー分野の発展に貢献することが期待されている。

Google契約は、カタールが湾岸協力会議(GCC)内でテクノロジーの要地として認識されていることを踏まえ、Quantiphiの戦略的成長と世界市場のニーズへの適応への取り組みを反映している。Google CloudがQuantiphiのカタールへの進出を承認したことで、カタールの国家ビジョン2030に沿って、この地域で最先端のテクノロジーエコシステムを促進するという共通の目標がさらに強化される。

出典:プレスリリース