QuackShift(東京都文京区)はパラドックス(東京都渋谷区)とAIを活用したブランディング業務の変革を目指すパートナーシップを結んだ。人とAIの組み合わせによるブランディング手法の開発を進めることで、業界に新たな事例を提供する計画だ。

パラドックスは「志あふれる日本をつくる」というビジョンのもと、企業ブランディングを推進してきた。今回、生成AIを取り入れることで、クリエイティビティと顧客価値のさらなる向上を目指し、QuackShiftと共同でプロジェクトを開始する。AIを用いたアイデア創出や新しいブランディングプログラムの開発など、クライアントに提供する価値の拡大を図る。

具体的なプロジェクト内容としては、AIセミナーやディスカッションを通じてAIの活用方法を検討する。これにより、ブランディングプロセスの構築や生成AIプロンプトテクニックの活用、社内データを用いたAIシステムの構築などが議論される。また、「QuackShiftのビジョン・ミッション」をテーマにした簡易コンペティションを実施し、人とAIのブランディング業務の比較検証を行う。

このコンペティションでは、人間のクリエイターとAIクリエイターがそれぞれブランディング作業を行い、その結果を比較する。議事録のまとめやコピーライティング、ロゴ生成などのタスクでAIの効果を評価する。AIによるアウトプットは人間が監修し、最終的な品質の確保を図る。QuackShiftとパラドックスは、AIと人間の協働によるブランディング業務の新しい形を模索していく。

出典:プレスリリース