Quantiphiは、AIおよび生成AIエンタープライズソリューションを強化するため、カナダのニューブランズウィック州に新しいセンター オブエクセレンスを設立すると発表した。Opportunities New Brunswickの支援を受けたこの取り組みは、5年間で最大7,200万ドルを同州のGDPに注入すると見込まれている。Quantiphiの共同創設者であるAsif Hasan氏は、AIテクノロジーの需要増大に対応する同社の戦略において、ニューブランズウィックのデリバリーセンターが重要であることを強調した。

同社は、2022年の1,400億ドルから2027年までに4,000億ドル以上に急増すると見込まれる、拡大する世界のAI市場を活用する態勢を整えている。Hasan氏は、ニューブランズウィック州の人材と専門知識を活用してサービス提供を強化し、継続的なイノベーションを促進する戦略的利点を強調した。AIおよび機械学習の専門家の需要は今後5年間で40%増加すると予測されており、Quantiphiの拡張は時宜を得たものだ。

クアンティフィ・アトランティック・カナダのデリバリー・ヘッドであるグレッグ・フィリップス氏は、同社の成長とニューブランズウィック州での地元の人材の採用に熱意を示した。同社の「ニューブランズウィック第一」の雇用戦略は、地元の専門家の雇用を優先すると同時に、既存のクアンティフィ従業員の転勤を通じてチームの成長を促進することを目指している。この拡張により、同社の高度な生成AIソリューションを提供する能力が強化されることになる。

​​ニューブランズウィック州政府は、ONBを通じて、2028年までクアンティフィの拡張を支援するために最大490万ドルの財政支援を行っている。ONB担当大臣のグレッグ・ターナー氏は、クアンティフィの成長がこの地域にもたらす機会に興奮していると伝えた。ターナー氏の発言は、ニューブランズウィック州がAIおよびテクノロジー分野の重要なハブとして台頭しつつあることを裏付け、ニューブランズウィック州で最先端のテクノロジーを開発することの利点を認識している。

出典:プレスリリース