クリエイターメディア企業であるRaptiveは現在、キャピトルヒルで「Independents' Day」と題したイベントを開催し、AIテクノロジーの台頭により独立系コンテンツクリエイターが直面している課題に注目を集めている。このイベントの目的は、大手テクノロジー企業のAIツールがクリエイターの生活に及ぼす悪影響について議員に知らせることだ。13,000人を超えるRaptiveクリエイターが署名した公開書簡が議会に提出され、クリエイターの権利を保護し、著作権で保護された作品の使用に対する公正な報酬を保証するための行動を促している。

推定1,000億ドルの価値があり、2027年までにほぼ2倍になると見込まれる米国のクリエイター経済は、AIの進歩によりクリエイターの収入が最大50%減少する恐れがあるため、危険にさらされている。AIの利点にもかかわらず、クリエイターの大多数はAIの潜在的な悪影響について懸念を示している。国民の強い支持を得て、クリエイターはAIによる作品への侵害を軽減するための立法措置を求めている。

クリエイターとその支援者は、著作権の執行、公正な収益分配、倫理的なAI設計、コンテンツクリエイターに不利にならない競争環境の創出の重要性を強調し、選出された役人に対して一連の要望書を提出している。また、反競争的行為を防止するために大手テクノロジー企業に説明責任を求めている。

Downshiftologyの創設者Lisa Bryan氏とRaptiveのCEO Michael Sanchez氏は、中小企業経営者に対するAIの存在を脅かす脅威について懸念を表明している。彼らは、AI開発者によるクリエイターのコンテンツの無断使用を強調している。これは、自由でオープンなインターネットの基盤を弱体化させる。彼らが独立系クリエイターとともに連邦議会に出席することは、デジタルエコシステムに貢献する人々に必要な保護と権利を要求するための一歩だ。

出典:プレスリリース