ライスカレー(東京都渋谷区)は、自社開発のSNS分析ツール「CCX social」で、生成AIを用いた「AIコンサルタント」有料版の提供を開始した。2024年3月27日に法人企業アカウント向けに無料で提供して以来、SNS運用の効率化に貢献しているという。

「AIコンサルタント」有料版では無制限のチャット機能を月額500円(税込)で利用できる。無料版と比較しても、同じ高度なAIモデルを使用し、精度の高いアウトプットが得られるとのことだ。

利用開始方法は、CCX socialにログイン後、設定画面から「ワークスペース」タブの「無制限に更新する(サブスクリプション)」ボタンをクリックし、クレジットカード情報を入力するだけ。手軽に始められるサービスとなっている。

同社は今後も「CCX social」に蓄積されたデータを活用し、AI技術の発展を進める。企業のSNS運用やマーケティングの課題解決に向け、より具体的で効果的なソリューションを提供し、ビジネス成長を支援する方針だ。

出典:プレスリリース