Institutes RiskStream Collaborative® は最近、AI & LLM in Insurance: Multiparty Applications Summitを開催し、人工知能への進出を発表した。2024年7月11日に予定されているこのサミットは、損害保険と再保険の分野を結集し、保険におけるAIと大規模言語モデル(LLM)の可能性を探ることを目的としている。このイベントでは、AIプラットフォームに関する参加者の教育、データプライバシーに関する議論、規制上の課題への対応に重点が置かれる。

この共同体の代表であるPatrick Schmid博士は、保険業界にAIと共同技術を効果的に活用するための知識を提供するという取り組みを強調した。このサミットは、業界リーダーが主要なマルチパーティーユースケースを特定し、保険における効率、精度、顧客体験を向上させるためのAIの責任ある実装について検討するための重要な集まりとなる予定だ。

リスク管理と保険におけるブロックチェーンソリューションで知られるInstitutes RiskStream Collaborative® は、現在、その技術範囲をAIにまで拡大している。同コンソーシアムは、コスト削減、プロセスの合理化、顧客サービスの向上を実現するソリューションの実現に向けて努力を続けている。保険会社にとって中立的な立場にあるRiskStreamは、AIの多面的な応用に関する業界全体のコラボレーションの先頭に立つ立場にある。

The Institutesの社長兼CEOであるCPCUのPeter L. Miller氏は、AI技術の安全な応用に関する議論を開始するサミットの役割を強調した。同氏は、共同教育を通じてプライバシーを維持し、ビジネスプロセスの課題に対処することの重要性を指摘した。サミットでは、新興技術が規制の明確化とデータ プライバシーの確保を実現しながらAIの潜在的な悪影響を軽減する方法を掘り下げることが期待されている。現在、サミットへの登録は関心のある方を対象に受け付けている。

出典:プレスリリース