ロビンソン・コンサルティング(東京都)は、AIコンサルティングのリーディングカンパニーとしての地位を確立するため、「Advancy」から社名を変更した。製造業や建設業などの大手企業にAI関連のコンサルティングを提供してきた実績がある。

同社は、AI技術を用いた事業拡大を目指し、1億円の資金調達を実施。AIエンジニアやPMなどの人材を積極的に採用し、日本のAI普及を加速させる計画だ。毎日のように新しい問い合わせが寄せられるという。

Skyland Venturesの木下慶彦氏は、ロビンソン・コンサルティングへの追加投資を発表。「生成AI×開発」の分野で活躍する同社の将来性を高く評価し、CEOのロビンソン氏とCOOの伊藤氏をはじめとするチームの働きぶりを称賛した。

株式会社キープレイヤーズの高野秀敏氏も、ロビンソン・コンサルティングの事業に対し肯定的な見解を示し、同社の今後の飛躍を期待している。CACの近藤氏を通じての出会いに感謝の意を表した。ロビンソン・コンサルティングは、生成AIを活用したサービスを提供し、業界に新たな価値をもたらしている。

出典:プレスリリース