ロバストインテリジェンス(米国カリフォルニア州)は、あずさ監査法人(東京都新宿区)とAI評価・ガバナンスサービスの提供に関する協業契約を結んだ。生成AIを含むAIリスク管理ソリューションの専門家として、企業のAIガバナンス構築を支援する。

AIのリスクに対する懸念が高まる中、ロバストインテリジェンスはデータ漏洩やプロンプトインジェクションなどのリスクを検証・低減するプラットフォームを提供。米国と日本の企業に導入し、AIリスク研究と国内外の規制動向に基づいてソリューションを更新している。

あずさ監査法人は、KPMGの「Trusted AI framework」に基づくAIのビジネス活用評価を行い、金融や教育関連の企業にサービスを提供。ロバストインテリジェンスの技術と組み合わせることで、AIの安全性と信頼性の高い評価が可能になる。

ロバストインテリジェンスとあずさ監査法人のパートナーシップは、企業のAIガバナンス実現に貢献する。両社の知見と強みを生かし、AIリスク管理・ガバナンスの社会実装を推進する。

出典:プレスリリース