RFP AI 自動化の先駆者である Rohirrim は、RFP 応答プロセスの最適化によるビジネス成長の促進を目指し、Bessemer Venture Partners と IBM Ventures から戦略的投資を獲得しました。同社のプラットフォームである RohanRFP は、生成 AI 技術を活用して複雑なドキュメントの作成を迅速化し、組織データの潜在能力を活用します。

シリーズ A 資金調達ラウンドの成功を受けて、Rohirrim は過去 1 年間で顧客ベースが 400% 増加しました。RohanRFP プラットフォームの効率性は明らかで、あるクライアントは 6 日間の調査タスクをわずか 6 時間に短縮しました。Rohirrim の成長は、Microsoft Pegasus プログラムへの参加と、業界の専門家である Mike Papay と Dave O'Hara がそれぞれ顧問委員会と取締役に加わったことでさらに後押しされています。

Rohirrim の CEO 兼創設者である Steven Aberle 氏は、RFP プロセスの改善に対する個人的な動機を語り、RohanRFP が顧客に提供する大幅な時間節約と競争上の優位性を強調しました。Bessemer Venture Partners は、複雑な提案活動において優れたデータ セキュリティを優先する組織にとって特に、Rohirrim が市場で傑出した存在であると認識しました。

RohanRFP のメリットを直接体験した IBM Ventures は、このプラットフォームが IBM の責任ある AI 活用への取り組みと一致していることを称賛しました。Rohirrim とその投資家とのパートナーシップは、提案書作成の効率性を高めることになり、IBM Ventures の Tom Whiteaker 氏が Bessemer の代表者とともにオブザーバーとして取締役会に加わります。

出典:プレスリリース