Salesforce は、Einstein Copilot 機能の拡張を発表し、マーケティング担当者や販売者の日常業務を支援することを目的とした新機能を導入しました。AI CRMリーダーの会話型 AI アシスタントである Einstein Copilot は、販売とサービスだけでなく、マーケティングとマーチャンダイジング機能もサポートするようになりました。さらに、 Salesforce は、ビジネス データと商取引データを統合するツールや、さまざまなソースからのデータを使用して顧客とのやり取りをカスタマイズするように設計された新しい AI 駆動型パーソナライゼーション エンジンも発表しました。

Salesforceの社長兼 CMO であるアリエル・ケルマン氏は、マーケティングおよびコマースのリーダーにとって戦略アドバイザーとしての生成 AI の重要性を強調しました。ケルマン氏は、データを単一のプラットフォームに統合する Einstein 1 プラットフォームの機能を強調しました。これは、ビジネスを前進させる AI から実用的な成果を引き出すために不可欠です。このプラットフォームの新機能は、複数の領域にわたる顧客エンゲージメントのパーソナライゼーションを強化することを目指しています。

Salesforce の最新のイノベーションには、事前構築されたアクションと自動生成されたコンテンツによってキャンペーン作成を簡素化する Einstein Copilot for Marketers と、コマース タスクの合理化とパーソナライズされたプロモーションの生成を支援する Einstein Copilot for Merchants があります。これらのツールは、自然言語プロンプトと AI を活用して、生産性とコンバージョン率を向上させます。さらに、Data Cloud for Commerce は、小売業者に企業データと顧客データの統合ビューを提供し、情報に基づいた意思決定と収益の向上を可能にします。

同社はまた、リアルタイムの顧客データを活用してパーソナライズされたオファーを含む自動マーケティングキャンペーンを提供する AI 意思決定エンジンである Einstein Personalization も発表しました。Einstein 1 プラットフォーム上に構築された Salesforce の統合 AI アシスタントは、企業固有のデータとSalesforceメタデータに依存し、コンテキストに適した出力を保証するという点で際立っています。Einstein Trust Layer はデータの機密性を確保し、企業が AI 機能を活用しながらデータを管理できるようにします。Salesforceは、これらの新機能の一般提供を 2024 年のさまざまな日付に予定しており、一部はそれより早くベータ フェーズに入ります。

出典:プレスリリース