Sanity は、プロフェッショナルのコンテンツ作成プロセスを効率化するために設計された、AI 支援の新しいライティング ツール Sanity Create を発表しました。同社の春のイベント Sanity Connect で発表されたこの革新的なツールは、大規模な言語モデルを Sanity の Content Lake と統合し、コンテンツの生成と管理のための統合環境を提供します。Sanity Create は、コンテンツ チームの創造性を高め、コンテンツの品質を向上させ、生産性を高めることを目指しています。

このプラットフォームは、2026 年までにオンライン コンテンツの 90% が AI によって生成される未来を予測しており、Sanity Create を意図的で影響力のあるビジネス コンテンツを作成するための重要なツールとして位置付けています。さまざまなソースからのコンテキストの収集、AI 支援のライティング スペース、人間と AI の両方による共同作業機能、Sanity Studio への直接の自動公開などの機能を提供します。

ビジネス ドライバーとしての戦略的コンテンツ管理に対する Sanity の取り組みは、Create をツール スイートに追加したことからも明らかです。同社の共同創設者兼 CEO である Magnus Hillestead 氏は、この統合によりコンテンツ ライフサイクルのサイロがさらに解消され、チームがコンテンツを活用して業務を変革できるようになると述べています。Sanity Connect の詳細と Sanity Create のデモについては、同社の Web サイトをご覧ください。

出典:プレスリリース