SecureIQLab LLCは、革新的なAI搭載クラウド検証プラットフォームであるSocX™ のリリースを発表した。このプラットフォームは、既存のサイバーセキュリティー対策とシームレスに統合され、サイバー攻撃の予測と防止を強化するように設計されている。同社のチーフサイエンティストであるJay Pathak氏は、SocX™ はAIを利用してサイバー攻撃の各フェーズから重要なデータを分析および抽出し、セキュリティー専門家が潜在的な脅威に対してプロアクティブな戦略を採用できるようにすると強調した。

同社の製品セキュリティー担当副社長であるPhuong Nguyen氏は、SocX™ はサイバーセキュリティー業界の進化する需要を満たすように作られていると強調した。セキュリティー技術プロバイダーには迅速なイノベーションを提供し、マネージドサービス プロバイダーには運用効率を提供する。このプラットフォームの主な利点には、製品ライフサイクルの短縮と運用パフォーマンスの向上があり、リスクの露出の削減に貢献する。

SocX™ は、セキュリティー製品の展開と検証のプロセスを合理化し、リソースの使用を最小限に抑え、検証結果から迅速な洞察を得ることを可能にするように設計されている。セキュリティー専門家は専用ポータルからプラットフォームにアクセスし、特定のテストケースを選択したり、独自の検証方法を統合したりできる。この柔軟性により、セキュリティープロバイダーは自信を持って製品を開発でき、マネージド サービスプロバイダーは特定のニーズに合わせて運用を調整できる。

SecureIQLabは、サンフランシスコで開催されるRSAコンファレンスの展示に関心のある方を招待し、SocX™ とクラウドセキュリティー検証への影響について詳しく説明する。このイベントでは、参加者がSecureIQLabチームと交流し、プラットフォームの機能を直接体験する機会が提供される。

出典:プレスリリース