Security Compass は、安全でコンプライアンスに準拠したアプリケーションへの生成AIの統合を強化する最新製品 SD Elements 2024.2 を発表しました。このアップデートには、開発者のワークフローを合理化し、脅威モデルを自動的に生成し、アンケートの質問に回答するためのGitHubリポジトリへの接続が含まれています。

同社は、13,000 を超えるセキュリティ要件とコーディング プラクティスを誇る広範なナレッジ ベースで、AI セキュリティに対する高まるニーズに応えています。SD Elements 2024.2 では、脅威モデリングを加速し、パーソナライズされたセキュリティ インサイトを提供する AI アシスタントの Navigator が導入され、業界の新しい標準を確立しています。

新リリースの機能である Navigator を使用すると、膨大なセキュリティ コンテンツ ライブラリに対してコードベースを分析することで、ユーザーは特定のプロジェクトに合わせたガイダンスを受け取ることができます。このパーソナライズされたアプローチは、標準的な AI チャットボットの機能を超えており、ユーザーにコンテキスト固有の回答を提供して、アプリケーションのセキュリティを強化します。

Security Compass は、サイバーセキュリティにおけるイノベーションへの取り組みを強調しており、SD Elements 2024.2 によって、同社を安全なアプリケーション開発の先駆者として位置付けています。このリリースは、組織が新たな規制の複雑さを乗り越え、堅牢で準拠した AI 統合を確実に行えるように支援することを目的としています。

出典:プレスリリース