サーバーワークス(東京)は、クラウドセキュリティーサービス「サバソック」の提供を開始すると発表した。このサービスは、AWS環境に特化し、セキュリティー問題の検知から対処までをサポートする。24時間365日体制で運用され、CNAPPを基にした自動化とAIレポーティングを特徴とする。

同社は、AWSプロジェクトの豊富な経験を生かし、セキュリティー運用を自動化。顧客は生成AIによるレポートを受け取り、ビジネスに集中できる環境を提供する。また、必要なセキュリティー対策を選択式で提供し、コストを抑えながら効率的な対策が可能だ。

「サバソック」は、AWS標準サービスと自社開発の「Cloud Automator」を組み合わせているため、迅速な導入が可能。エージェントレスの監視により、既存環境への影響を最小限に抑えることができる。詳細は公式サイトで確認できる。

サーバーワークスは、AWSプレミアティアサービスパートナーとして、クラウド導入から最適化までを支援。今後も顧客のセキュリティー課題に対し、継続的な支援を行う方針だ。同社の取得認定や実績に関する情報は、AWSパートナーネットワークのページで確認できる。

出典:プレスリリース