AI駆動型受注から入金(O2C)ソリューションのリーダーであるSidetradeは、生成AI (GenAI)機能を自社のプラットフォームに統合することを発表した。このイノベーションは、高度な大規模言語モデル(LLM)と業界独自のリアルタイムデータ レイクを組み合わせ、財務チームのパフォーマンスと効率性を高める。CEOのOlivier Novasque氏は、この開発はビジネス変革の重要な一歩であり、関係者に新たな成長の機会を提供すると述べている。

同社は最近、Digital Caseソリューション内で「Ask Aimie」を開始した。これは、長いクライアントメールを要約し、テンプレート ベースの応答を提案することでコミュニケーションを合理化する機能だ。最高製品責任者のRob Harvey氏は、ジェネレーティブAIは巧みに作成されたコンテンツを作成するだけでなく、財務に関する深い理解に基づいた応答を提供し、信頼を構築して顧客価値を高めることを強調した。AIエージェントのAimieは、何十億ものトランザクションを分析してリアルタイムのデータ駆動型の洞察を提供し、チームがより複雑な問題に集中できるようにすることで顧客満足度を向上させることができる。

SidetradeのAI、Aimieは、機械学習を活用して、広大で高度なリアルタイムデータ レイクから顧客の支払い行動を分析する。独自の生成アーキテクチャーとLLMの統合により、Aimieは業界固有の言語を理解して生成し、正確で文脈に沿った洞察を提供できる。最高技術責任者のMark Sheldon氏は、Sidetradeのデータレイクのユニークな位置付けにより、GenAIの可能性を最大限に活用でき、戦略的な成長と運用効率につながると強調した。

Sidetradeのデータプライバシーとカスタマイズへの取り組みは、ドメイン エキスパートLLMの社内開発に表れている。汎用LLMとは異なり、SidetradeのAIはO2C業界に特化したカスタマイズされた洞察を提供し、顧客データがプライベートクラウド内で安全に保たれるようにする。Sheldon氏は、このアプローチにより、最高水準のプライバシー、主権、正確性が保証され、顧客にカスタマイズされた安全なサービスが提供されると強調した。

出典:プレスリリース