シンクレア社は、世界的リーチを強化するために、生成型人工知能を自社のオリジナル番組に組み込むという新しい事業に乗り出しました。この技術を活用した同社の最初のプロジェクトは、ネットワークアナリストで元 WTA 選手のアンドレア・ペトコビッチを特集したテニスチャンネルシリーズ「Petko Unfiltered」の翻訳です。ペトコビッチの視点からテニスの話題を掘り下げるこのシリーズは、スペインのテニスチャンネル視聴者向けにスペイン語でまもなく配信されます。

シンクレアは、AI による音声翻訳とリップシンク サービスを専門とする HeyGen 社と提携し、動画コンテンツを国際的なストーリーテリングに転換することを目指しています。翻訳されたエピソードは透明性を維持し、AI の役割に関する開示リストと、視聴者を言語バージョン比較の Web サイトに誘導する QR コードを備えています。

シンクレアの社長兼 CEO であるクリス・リプリー氏は、言語翻訳を通じて視聴者のアクセスを拡大するために AI を活用することに対する同社の熱意を表明しました。リプリー氏は、AI の完全性と透明性の重要性を認識し、シンクレアの倫理的なメディア基準への取り組みを強調しました。シンクレアは、誤報と闘い、メディアの透明性を促進するコンテンツ信頼性イニシアチブやコンテンツ出所と信頼性連合などの組織に積極的に参加しています。

シンクレアは、責任ある AI の使用を促進するために、知識の交換を促進し、AI ガバナンスとコンプライアンスに関するガイダンスを提供する社内グループであるシンクレア AI フォーラム (SAIF) を設立しました。この取り組みは、進化するデジタル環境において信頼性と真正性を維持するというシンクレアの取り組みを反映しています。

出典:プレスリリース