Sirion は、人工知能による契約管理の強化に向けた一貫した拡大と取り組みを反映する包括的なブランド変更を発表しました。ブランド変更では、契約ライフサイクルを通じて顧客をガイドし、可視性を高めてプロセスを合理化することに重点を置いています。新しいブランド アイデンティティの光のテーマは、Sirion の AI 主導のデータ分析によってもたらされる明快さと洞察力を表しています。

CEO の Ajay Agrawal 氏は、このプラットフォームが法務、営業、調達の各チームを統合し、契約リスクに共同で対処できるようにする機能を強調しました。生成 AI に基づいて構築された Sirion のプラットフォームにより、ユーザーは会話をしているかのように AI と対話でき、統合されたエクスペリエンス内で問題の検出と解決を効率化できます。

Sirion は、データ抽出と分析を強化するために、自然言語処理と機械学習をプラットフォームに統合し、契約 AI テクノロジーをリードし続けています。同社は、AI 法務アシスタントとして機能し、契約草案の問題を特定して解決する生成AI製品でその機能を向上させており、契約ライフサイクル管理を変革しようとしています。

同社の成長軌道には、大幅な顧客数の増加、高い成長率の持続、新規市場へのグローバルな拡大が含まれています。また、Sirion は Gartner の Magic Quadrant でリーダーとして認められ、重要な人事により経営陣を強化しました。これらの展開により、Sirion は契約管理をさらに再定義し、組織に契約プロセスを改善するためのツールを提供する立場にあります。Sirion の製品や進歩の詳細については、同社の Web サイトをご覧ください。

出典:プレスリリース