Sisense は最近、会話型分析を通じて企業データとユーザーのインタラクションを強化するように設計された新しい Analytics Chatbot のベータ版を発表しました。Generative 生成AIを搭載したこのチャットボットでは、ユーザーは自然言語で質問して洞察を得ることができます。また、ナラティブな説明を通じてフォローアップ アクションが提案されるという利点もあります。このインターフェイスはクエリに応答するだけでなく、潜在的な質問を積極的に提案し、ユーザーが分析ジャーニーをより効果的に進めるのに役立ちます。

同社はまた、Compose SDK for Fusion 内に強化された自然言語ナレーション機能を統合することで、サービスを改善しました。これにより、開発者は従来のチャット インターフェースを必要とせずに Analytics Chatbot やナレーション機能を埋め込むことができ、よりスムーズなデータ エクスペリエンスを実現できます。Compose SDKにより、クリエイターはデータの収益化を促進し、革新的なユーザー エクスペリエンスの開発を加速することを目的とした、カスタマイズされたスケーラブルなデータ エクスペリエンスを構築できます。

業界の専門家は、Sisense の最新の分析ツールの重要性を認識しています。ESG の分析および AI 担当主席アナリストである Mike Leone 氏は、直感的で実用的なデータ分析の重要性を強調し、Sisense の新機能は統合されたユーザーフレンドリーな分析ソリューションを求める顧客の要求に応えるものであると述べました。これらの進歩により、エンドユーザーはデータを独自に調査し、情報に基づいた意思決定をより簡単に行うことができます。

Sisense の最高製品責任者である Ayala Michelson 氏は、アナリティクス チャットボットの変革の可能性を強調しました。Generative 生成AIをアプリケーションに統合することで、Sisense はすべてのユーザーがアクセスできる高度なデータ エクスペリエンスに対する高まるニーズに応えています。チャットボットは、アプリケーション内でのデータ分析へのアクセスと活用方法を強化するだけでなく、開発者にカスタマイズされた分析を製品にシームレスに組み込む方法を提供し、エンドユーザーにさらなる価値をもたらします。

出典:プレスリリース